×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

影狩り(7)乱波・甲賀忍団の解説です

.

記事本文


影狩り(7)乱波・甲賀忍団

内容もオモシロイが、特に構図がスバラシイ! 『かげろう十八万二千石』他、甲賀忍団との血で血を洗う全面対決!『乱波(らっぱ)・甲賀忍団』 そして、あと2編は『血走りの重蔵』 『石川島人足寄場』計4編収録。
くノ一が暗躍する! 今度は唐人が率いる組織、如来ケ衆が相手! なんと“影狩り”全員、囚われの身に!『女人成仏(にょにんじょうぶつ)』 もう1編は武田信玄公の残した莫大な分銅金を守れ!『土中、日輪燃ゆ』! 小栗藩に恐怖の殺人鬼が横行! 柳生新陰流の大先生も惨殺される! “かまいたち”を操るその敵に“影狩り”三人衆は、どう立ち向かう?『柳生剣無惨』その他2編『大無間山(だいむげんやま)』『御典医道願』計3編。
“影”と呼ばれるお庭番たちにも、それを監視する冷酷な恐怖集団・根来衆の眼があった。
その影目付・根来衆との新たな闘いは?『影目付根来衆』そして『鉱山の向うに血煙を見た』『山駆呪法(やまがけじゅほう)』全3編。
カラスの大群が日光を月光をそして十兵衛を襲う! 烏を使った伊賀のくノ一が暗躍!『忍鴉(おしがらす)』 吸血こうもりを操り、自らも空を飛ぶ伊賀忍者、最大の手練れ“蚊喰(かく)”とは?『霧無明』そして『傀儡(くぐつ)術山彦』!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60001091



Copyright (c) 影狩り(7)乱波・甲賀忍団の解説ですAll rights Reserved.