×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



F(エフ)(18)

軍馬の足につけられたギブスが3か月ぶりにはずされる。
しかし、彼の両足の筋肉はすっかりそげ落ち、まるで棒のようになってしまっていた。
軍馬はまだ満足に歩くこともできない体をひきずってサコに会いに行くが、彼女の変わり果てた姿にショックを受ける。
辰叔父の陰謀によって殺されかけた笠井は、一命をとりとめたものの記憶をなくしてしまっていたそして、総一郎は辰叔父の陰謀によって代表取締役の退任を余儀なくされる。
失望を隠せない彼だったが、選挙に残りの情熱を必死に注ごうとする。
久しぶりに軍馬の前に現われたピーボーは、すかっり変わってしまっていた。
彼はレース中の軍馬の目に太陽の光を反射させて彼を潰そうとする。
客席の中にピーボーを見つけた純子は、彼の部屋に話をしにいくが…!?軍馬の部屋を訪ねてきたのは、父親の総一郎と側近の笠井だった。
突然のことにとまどう軍馬は父親の真意がわからない。
総一郎は、社会的に失脚した自分が本当にダメになってしまう前に軍馬に会っておきたかったのだ。
彼は軍馬に「ワシを乗せて本気で運転してみろ」と挑発する。
音也は雄馬たちチームのスタッフの「ペースを落とせ」という忠告を無視して走り続ける。
そして彼の頭の中は妄想にとりつかれてゆく。
そのとき軍馬がふいにペースをあげた。
しかし、音也はもはや自分の実力の限界を超えていた。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60022342